ミステリ一覧

石持浅海「殺し屋、続けてます。」

石持浅海「殺し屋、続けてます。」の書評です。経営コンサルタントの殺しの代金とシングルマザーの殺しの代金の差は100万円。価格競争で値下がるか、追加費用で値上がるか。誰かを殺したい人は相場感をチェック。感想など。

石持浅海「崖の上で踊る」

石持浅海「崖の上で踊る」そもそも倫理観が欠如している石持ミステリの登場人物達が、復讐の美酒によりさらにモラルのハードルが下がるとどうなる?感想など。

江戸川乱歩「江戸川乱歩名作選」

江戸川乱歩「江戸川乱歩名作選」の書評です。『江戸川乱歩傑作選』と対になる短編集。傑作選に比べて多大なハンデを背負わされた名作選、結果はツーペア?ストレート?それとも?感想など。

綾辻行人「十角館の殺人」

綾辻行人「十角館の殺人」の書評です。館シリーズ第1作!孤島の連続殺人は、英国のあの高名な女流作家のごとく。探偵役はエラリイ・クイーン、では犯人は?感想など。

坂木司「先生と僕」

坂木司「先生と僕」の書評です。二人の先生と二人の生徒が街で出遭うのは「日常の謎」?もしくはコナンを超える犯罪多発地帯?ラストに登場する隼人くん推薦図書“怖くないミステリ”もチェック。感想など。

若竹七海「静かな炎天」

若竹七海「静かな炎天」の書評です。相変わらず不運な探偵に同情しきりの中年探偵ハードボイルド。終わって欲しい気持ちと終わって欲しくない気持ちの二律背反。感想など。

岡嶋二人「殺人者志願」

岡嶋二人「殺人者志願」の書評です。ひとごろしになるのも大変。殺人方法と死体の始末に苦労苦心する巻き込まれ型ミステリ。もしくは昭和の遺跡発掘。感想など。

我孫子武丸「弥勒の掌」

我孫子武丸「弥勒の掌」の書評です。仏陀もびっくり!被害者の夫2名のクズっぷりが光る殺人事件。犯人のクズさもそれに劣らず、正に驚天動地。感想など。

島田荘司「斜め屋敷の犯罪」

島田荘司「斜め屋敷の犯罪」の書評です。古今東西これを超えるものはない?驚天動地の大トリック。作者の挑戦にゆめゆめ乗ることなかれ、この謎は御手洗潔以外に解ける者なし。感想など。

連城三紀彦「美女」

連城三紀彦「美女」の書評です。恋愛小説?ミステリ小説?実験小説?技巧的な短編小説群に、まるで樹海に迷い込むような焦燥感。読む側もパワーを要するアスリート精神で臨む必要あり。感想など。

トップへ戻る