「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → https://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

そのだえり「みならいサンタ」

そのだえり「みならいサンタ」の書評です。見習いサンタ3級昇格試験の様子を見つつ、世界サンタクロース協会日本支部の等級制度を確認。おそらく5級合格に必要な要素はポータブル煙突の設置可否。感想など。

堂場瞬一「インタビューズ」

堂場瞬一「インタビューズ」の書評です。平成に何が起こった?100人のインタビューイが語る平成大事件を一覧表で確認。フィクションかノンフィクションかの判断は読者のご自由に。感想など。

豊福まきこ「おくりもの」

豊福まきこ「おくりもの」の書評です。ピンチはチャンス。デメリットはメリット。メリット自分の欠点も見方を変えれば利点になる。針にもいろいろあるように。感想など。

連城三紀彦「夜よ鼠たちのために」

連城三紀彦「夜よ鼠たちのために」の書評です。ミステリ畑から採取された連城作品の中でも特にミステリ分野に特化した短編集。極私的にはドロドロ情念の「二重生活」がおすすめ。感想など。

大石圭「女奴隷の烙印」

大石圭「女奴隷の烙印」の書評です。「女奴隷は夢を見ない」の続編なようなそうでないような。横浜の奴隷仲買人業者は複数あれど運営スタイルは皆同じ。区別はつかなくても今夜も奴隷オークションは開催。感想など。

トップへ戻る