「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → https://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

堂場瞬一「チームⅢ」

堂場瞬一「チームⅢ」の書評です。箱根駅伝学連選抜シリーズの最終章(多分)レモン農家の隠遁者を引っ張り出すために暗躍する腹黒と海千山千とポプランと兎。オールスター総出演でああ楽しい。感想など。

宮尾登美子「天涯の花」

宮尾登美子「天涯の花」の書評です。霊峰の山肌に咲くキレンゲショウマの花は“きよみ”の清らかな佇まいに似たり。でも私は恋に猪突猛進の“珠子”に一票。感想など。

杉浦由美子「女子校力」

杉浦由美子「女子校力」の書評です。女子校出身者に共通する『世間のなさ』は、おんぶ日傘のお嬢さんとは意味合いが違う。女子校愛と自虐感が溢れる1冊。感想など。

安野光雅「旅の絵本」

安野光雅「旅の絵本」の書評です。ウォーリーの出てこない「ウォーリーを探せ」三角帽子に青い服の彼は国も時空も旅する旅人。つぎはどの国?感想など。

トップへ戻る