「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → https://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

石持浅海「殺し屋、続けてます。」

石持浅海「殺し屋、続けてます。」の書評です。経営コンサルタントの殺しの代金とシングルマザーの殺しの代金の差は100万円。価格競争で値下がるか、追加費用で値上がるか。誰かを殺したい人は相場感をチェック。感想など。

我孫子武丸「修羅の家」

我孫子武丸「修羅の家」の書評です。実際の事件を元にした(と思われる)修羅の家は作者が定期的にガス抜きを行うための発散小説。が実のところは本当はミステリ(と思われる)この謎がわかっちゃった人は〇〇方面の知識レベルが高い。感想など。

久住昌之「大根はエライ」

久住昌之「大根はエライ」の書評です。『孤独のグルメ』の原作者が書いたたくさんのふしぎ絵本。子供が学ぶべき不思議は大根の汎用性よりも出版業界の謎。感想など。

滝沢カレン「カレンの台所」

滝沢カレン「カレンの台所」の書評です。モデル滝沢カレンのお料理本は男気溢れて包容力のあるレシピ。でも参考にするには料理の基礎スキルが必要なのでメシマズの人はやる気だけをチャージ。感想など。

堂場瞬一「チームⅢ」

堂場瞬一「チームⅢ」の書評です。箱根駅伝学連選抜シリーズの最終章(多分)レモン農家の隠遁者を引っ張り出すために暗躍する腹黒と海千山千とポプランと兎。オールスター総出演でああ楽しい。感想など。

トップへ戻る