「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → http://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

岡嶋二人「殺人者志願」

岡嶋二人「殺人者志願」の書評です。ひとごろしになるのも大変。殺人方法と死体の始末に苦労苦心する巻き込まれ型ミステリ。もしくは昭和の遺跡発掘。感想など。

坂木司「ホリデー・イン」

坂木司「ホリデー・イン」の書評です。ホリデーシリーズ登場人物のサイドストーリー短編集。導師ヨーダのようなオカマのジャスミンに恋をしそうな危険性あり。感想など。

酒井順子「携帯の無い青春」

酒井順子「携帯の無い青春」の書評です。青春時代の懐かしさは、当時のアイタタタな過ちも含めても殆ど肉体的な快感。バブル期の風俗はアイタタタのネタには事欠かず、オリーブ女子のガーリー気質は刺青のように。感想など。

渡辺淳一「鈍感力」

渡辺淳一「鈍感力」の書評です。出世はするし商売繁盛家庭円満、無病息災ガンも治る。鈍感力は四葉のクローバーかアガリクス茸なみのワイルドカード?小泉純一郎発言で話題の本。感想など。

我孫子武丸「弥勒の掌」

我孫子武丸「弥勒の掌」の書評です。仏陀もびっくり!被害者の夫2名のクズっぷりが光る殺人事件。犯人のクズさもそれに劣らず、正に驚天動地。感想など。

有川浩「阪急電車」

有川浩「阪急電車」の書評です。片道たったの15分、今津線の車内は毎日がナニワ漫談。日常が吉本喜劇。ほっこりときゅんきゅんと地元愛のコージー小説。感想など。

島田荘司「斜め屋敷の犯罪」

島田荘司「斜め屋敷の犯罪」の書評です。古今東西これを超えるものはない?驚天動地の大トリック。作者の挑戦にゆめゆめ乗ることなかれ、この謎は御手洗潔以外に解ける者なし。感想など。

連城三紀彦「美女」

連城三紀彦「美女」の書評です。恋愛小説?ミステリ小説?実験小説?技巧的な短編小説群に、まるで樹海に迷い込むような焦燥感。読む側もパワーを要するアスリート精神で臨む必要あり。感想など。

東野圭吾「パラドックス13」

東野圭吾「パラドックス13」の書評です。老若男女13人に突然降りかかった東京砂漠サバイバル生活。何故彼等は残されたのか。生きのびられるか、還れるか。感想など。

浅田次郎「鉄道員(ぽっぽや)」

浅田次郎「鉄道員(ぽっぽや)」の書評です。高倉健と広末涼子イメージで固定された『ぽっぽや』と、死んだ妻を引き取りに行く偽装結婚の夫『ラブ・レター』最終的な感想は、人間、顔だ。

トップへ戻る