「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → http://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

綾辻行人「十角館の殺人」

綾辻行人「十角館の殺人」の書評です。館シリーズ第1作!孤島の連続殺人は、英国のあの高名な女流作家のごとく。探偵役はエラリイ・クイーン、では犯人は?感想など。

大石圭「女奴隷は夢を見ない」

大石圭「女奴隷は夢を見ない」の書評です。 特殊な趣味嗜好を充足する大石ワールドへようこそ!異国情緒溢れる横浜で開催される奴隷市の、奴隷商人と商品4名に密着“ザ・プロフェッショナル”感想など。

堂場瞬一「チームII」

堂場瞬一「チームII」の書評です。2019年の箱根駅伝が待ちきれない貴方を実業団駅伝に引きずり込む堂場の罠。オリビエ・門脇・ポプラン再登場!感想など。

平岩弓枝「女と味噌汁」

平岩弓枝「女と味噌汁」の書評です。ウーマンリブ旋風吹き荒れる昭和40年代にあえての味噌汁礼賛アジテート。平成の今でも「然り!」と膝を打つ層は多いか?感想など。

小松左京「物体O」

小松左京「物体O」の書評です。ワハハ系と凄み系が混在するひとつぶで二度おいしいお得SF短編集。お庭に銀のイヤリングを落したら、要注意。感想など。

坂木司「先生と僕」

坂木司「先生と僕」の書評です。二人の先生と二人の生徒が街で出遭うのは「日常の謎」?もしくはコナンを超える犯罪多発地帯?ラストに登場する隼人くん推薦図書“怖くないミステリ”もチェック。感想など。

辛酸なめ子「女子校育ち」

辛酸なめ子「女子校育ち」の書評です。ようこそ女子校ワールドへ!中学受験すごろくで女子校入学ゴールにあがった世のお嬢さんと父親に捧ぐ。読んだら入学が楽しみ?それとも後悔?

堂場瞬一「水を打つ」

堂場瞬一「水を打つ」の書評です。東京オリンピックの競泳ナショナルチームはメドレーリレーで金メダルが掴めるか?割り食う委員長&子リス&ビッグマウスのお馴染みメンバーでインドア派も堂場スポーツにハマる一冊。感想など。

野神明人「図解_箱根駅伝」

野神明人「図解_箱根駅伝」の書評です。お正月のお楽しみ箱根駅伝を大図解。過去の名シーンから選手の思い出、スタッフ裏話etc.箱根駅伝がより一層楽しめること請け合い。感想など。

トップへ戻る