「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → http://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

松山円香「ひかりうりのぴかこさん」

松山円香「ひかりうりのぴかこさん」の書評です。落ち着いた優しい絵柄が素敵な絵本。主人公がチョウチンアンコウという初期設定そのものがファンタジック。セレクトショップオーナーの健康だけが心配。感想など。

五十嵐貴久「リハーサル」

花山病院の副院長・大矢は、簡単なオペでのミスを新任の看護婦・リカに指摘され、“隠蔽”してしまう。それ以来、リカの異様な付き纏いに悩まされる。...

赤松利市「純子」

四国の辺鄙な里に生まれた純子は「極貧の暮らしから逃れるためには、おまえを蜜の滴るいい女にして高く売るしかないんじゃ」と祖母に言われ、官能的な...

東野圭吾「恋のゴンドラ」

東野圭吾「恋のゴンドラ」の書評です。平成版『私をスキーに連れてって』スキーVSスノーボードの顛末は恋の顛末よりも気にかかる。軽い気持ちで読み始めると思わぬブーメラン返しに痛手。感想など。

豊福まきこ「わすれもの」

豊福まきこ「わすれもの」の書評です。「おどりたいの」前の豊福絵本デビュー作。大人女性の乙女心に突き刺さるひつじの愛らしさ。ミナちゃん忘れ物には要注意。感想など。

トップへ戻る