「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → http://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

筒井康孝「心狸学・社怪学」

筒井康孝「心狸学・社怪学」ナルシシズム・優越感・原始共産制・議会制民主主義…心理学と社会学用語を筒井調で斬る!風刺というよりテロレベルのSF短編集。感想など。

高田郁「想い雲―みをつくし料理帖」

高田郁「想い雲―みをつくし料理帖」の書評です。伝説の花魁あさひ太夫に逢うには初回・裏・馴染みと吉原に3回通わなければ。3冊目にしてようやく再会できた澪と野江の運勢は当たるも八卦当たらぬも八卦。

綾辻行人「十角館の殺人」

綾辻行人「十角館の殺人」の書評です。館シリーズ第1作!孤島の連続殺人は、英国のあの高名な女流作家のごとく。探偵役はエラリイ・クイーン、では犯人は?感想など。

トップへ戻る