「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → http://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

小松左京「物体O」

小松左京「物体O」の書評です。ワハハ系と凄み系が混在するひとつぶで二度おいしいお得SF短編集。お庭に銀のイヤリングを落したら、要注意。感想など。

坂木司「先生と僕」

坂木司「先生と僕」の書評です。二人の先生と二人の生徒が街で出遭うのは「日常の謎」?もしくはコナンを超える犯罪多発地帯?ラストに登場する隼人くん推薦図書“怖くないミステリ”もチェック。感想など。

辛酸なめ子「女子校育ち」

辛酸なめ子「女子校育ち」の書評です。ようこそ女子校ワールドへ!中学受験すごろくで女子校入学ゴールにあがった世のお嬢さんと父親に捧ぐ。読んだら入学が楽しみ?それとも後悔?

堂場瞬一「水を打つ」

堂場瞬一「水を打つ」の書評です。東京オリンピックの競泳ナショナルチームはメドレーリレーで金メダルが掴めるか?割り食う委員長&子リス&ビッグマウスのお馴染みメンバーでインドア派も堂場スポーツにハマる一冊。感想など。

野神明人「図解_箱根駅伝」

野神明人「図解_箱根駅伝」の書評です。お正月のお楽しみ箱根駅伝を大図解。過去の名シーンから選手の思い出、スタッフ裏話etc.箱根駅伝がより一層楽しめること請け合い。感想など。

若竹七海「静かな炎天」

若竹七海「静かな炎天」の書評です。相変わらず不運な探偵に同情しきりの中年探偵ハードボイルド。終わって欲しい気持ちと終わって欲しくない気持ちの二律背反。感想など。

カレー沢薫「ブスの本懐」

カレー沢薫「ブスの本懐」の書評です。255頁オールブス、ブスの人数978人!容姿比較の社会批判?日本のヒエラルキー構造の指摘?高邁な思想があるのかないのか、360度ブス語り。感想など。

岡嶋二人「殺人者志願」

岡嶋二人「殺人者志願」の書評です。ひとごろしになるのも大変。殺人方法と死体の始末に苦労苦心する巻き込まれ型ミステリ。もしくは昭和の遺跡発掘。感想など。

トップへ戻る