「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → http://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

筒井康隆「美藝公」

筒井康隆「美藝公」の書評です。もし第二次世界大戦後に映画産業が日本経済の基幹となっていたら?美しきキネマの世界。あらすじと感想など。ネタバレ注意。

モンゴメリ「アンの娘リラ」

モンゴメリ「アンの娘リラ」の書評です。アン・シリーズ最終章。第一次世界大戦のさ中、「赤毛のアン」娘リラの銃後の生活を描きます。あらすじと感想など。ネタバレ注意。

桐野夏生「だから荒野」

さくらの書評ブログ。桐野夏生「だから荒野」平凡な主婦の出奔。省みられない家族への反乱。ラストの改訂は何が変化したのか。感想など。ネタバレ注意!

堀江貴文「ゼロ」

さくらの書評ブログ。堀江貴文「ゼロ」ライブドア事件で全てを失ったホリエモンは、果たして本当に全てをなくしたのか。プラスでもマイナスでもないゼロの意味とは。

桐野夏生「奴隷小説」

さくらの書評ブログ。桐野夏生「奴隷小説」世界は野蛮で残酷な牢獄に満ちている。何をもって奴隷と言うのか、手枷に繋がれているのは誰か?感想など。

トップへ戻る