水野大樹

みずのひろき

教育

水野大樹「「拷問」「処刑」の日本史 農民から皇族まで犠牲になった日本史の裏側」

自白、復讐、刑罰、私刑の手段として用いられた残酷絵巻。神代の時代から日本には「拷問」と「処刑」が存在した。庶民から皇族などの高貴な人々まで、多くの国民がその犠牲となり、血を流した。本書は、各時代の史料をひもとき、かつての日本で行われた残酷劇...
タイトルとURLをコピーしました