いとうせいこう

美術・学術書

いとうせいこう,みうらじゅん「見仏記」

仏像に関する専門的な知識もなく、仏教に精通しているわけでもない門外漢が、仏像見たさにどんどん寺の門をくぐっていく。旅の途中で、珍説、奇説をひねりつつ、奈良、京都、東北、九州の全40寺をたどる、笑いと友情の仏像巡礼。 (「MARC」データベ...
タイトルとURLをコピーしました