ドキュメンタリー

さくらの書評ブログ「ほんのむし」ドキュメンタリー・ノンフィクション・事件簿に関するジャンルのカテゴリーです。

ドキュメンタリー

高橋繁行「土葬の村」

これは恐らく、現存する最後といっていい土葬の村の記録である。 村人は、なぜ今も「土葬」を選ぶのか? 日本の伝統的な葬式である「土葬・野辺送り」が姿を消したのは、昭和の終わり頃とされている。入れ替わるように火葬が増え、現在、日本の火葬...
ドキュメンタリー

高橋源一郎「101年目の孤独―希望の場所を求めて」

作家は、さまざまな場所を訪ね歩いた。ダウン症の子どもたちのアトリエ。身体障害者だけの劇団。愛の対象となる人形を作る工房。なるべく電気を使わない生活のために発明をする人。クラスも試験も宿題もない学校。すっかりさま変わりした故郷。死にゆく子ども...
ドキュメンタリー

渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ」

自分のことを自分でできない生き方には、尊厳がないのだろうか? 介護・福祉の現場で読み継がれる傑作ノンフィクション! 重度の筋ジストロフィー患者の鹿野靖明さんと、彼を支える学生や主婦たち約40名のボランティアの日常を描いた渾身のノンフィクシ...
ドキュメンタリー

北尾トロ「なぜ元公務員はいっぺんにおにぎり35個を万引きしたのか―ビジネスマン裁判傍聴記」

公務員、税理士、部長・課長、タクシー運転手、専業主婦…善良な人が罪を犯し、まさかの転落した切ない実話33。人には誰にも「別の顔」がある。 (「BOOK」データベースより) いま麻薬取締法違反の罪に問われている沢尻エリカの公判に関...
ドキュメンタリー

宮下洋一「安楽死を遂げた日本人」

理想の死を求めてスイスに渡った日本人に密着した、圧巻のルポルタージュ。講談社ノンフィクション賞受賞作、待望の続編! (「BOOK」データベースより) 前回の記事で採りあげた「わたしの天国でまた会いましょうね」1994年日本出版時...
ドキュメンタリー

クリステル&イザベル・ツァヘルト「わたしの天国でまた会いましょうね」

どこまでも強く明るく生きぬいた青春。16歳の少女が悪性腫瘍と闘った一年間。そして尊厳死を選ぶまでの日々。ドイツの娘と母の感動ノンフィクション。 (「BOOK」データベースより) 尊厳死と安楽死。この2つ、何が違うか知ってます? ...
ドキュメンタリー

多田文明「ついていったら、だまされる」

振り込め詐欺にデート商法、出会い系サイトに悪質オーディション…かの「キャッチセールス評論家」が、世の中のありとあらゆるだましのテクニックを、涙ながらの体験取材で徹底解剖。 (「BOOK」データベースより) 過去に当ブログで採...
ドキュメンタリー

菅野久美子「超孤独死社会 特殊清掃の現場をたどる」

死ぬ時は、誰もが一人。日本では、孤立状態1000万人、年間孤独死3万人。救済の手立てはあるのか?気鋭のノンフィクションライターが、知られざる最後の“後始末”の実態に迫る。 (「BOOK」データベースより) 【特殊清掃】 遺...
ドキュメンタリー

新田次郎「八甲田山死の彷徨」

日露戦争前夜、厳寒の八甲田山中で過酷な人体実験が強いられた。神田大尉が率いる青森5聯隊は雪中で進退を協議しているとき、大隊長が突然“前進"の命令を下し、指揮系統の混乱から、ついには199名の死者を出す。少数精鋭の徳島大尉が率いる弘前31聯隊...
ドキュメンタリー

押川剛「「子供を殺してください」という親たち」

自らは病気の自覚のない、精神を病んだ人を説得して医療につなげてきた著者の許には、万策尽きて疲れ果てた親がやってくる。過度の教育圧力に潰れたエリートの息子、酒に溺れて親に刃物を向ける男、母親を奴隷扱いし、ゴミに埋もれて生活する娘…。究極の育児...
タイトルとURLをコピーしました