「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → http://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

豊福まきこ「おどりたいの」

豊福まきこ「おどりたいの」の書評です。森のはずれのバレエ教室の門を叩いたこうさぎちゃん。暴力的なまでの可愛らしさに鼻からいろんなものが出る。感想など。

今野敏「任侠浴場」

今野敏「任侠浴場」の書評です。阿岐本組のハートフル経営コンサル第4弾。銭湯の壁絵は富士と松原がお約束。道後温泉社員旅行のオマケ付で、日頃苦労の多い中間管理職の日村ものんびり。感想など。

石持浅海「崖の上で踊る」

石持浅海「崖の上で踊る」そもそも倫理観が欠如している石持ミステリの登場人物達が、復讐の美酒によりさらにモラルのハードルが下がるとどうなる?感想など。

平山夢明「デブを捨てに」

平山夢明「デブを捨てに」の書評です。登場人物全員が清清しいほどゲスでクズでロクデナシ。クズオールスターズを無理やり感動のラストに持っていくのは平山夢明の力技。感想など。

影山徹「空からのぞいた桃太郎」

影山 徹「空からのぞいた桃太郎」の書評です。桃太郎を俯瞰図で見るとツッコミどころがいっぱい。桃はどこから?おじいさんおばあさんは豪農?鬼は孤島で密集生活?そして豆が本当は好き?感想など。

江戸川乱歩「江戸川乱歩名作選」

江戸川乱歩「江戸川乱歩名作選」の書評です。『江戸川乱歩傑作選』と対になる短編集。傑作選に比べて多大なハンデを背負わされた名作選、結果はツーペア?ストレート?それとも?感想など。

トップへ戻る