時代小説一覧

高田郁「想い雲―みをつくし料理帖」

高田郁「想い雲―みをつくし料理帖」の書評です。伝説の花魁あさひ太夫に逢うには初回・裏・馴染みと吉原に3回通わなければ。3冊目にしてようやく再会できた澪と野江の運勢は当たるも八卦当たらぬも八卦。

高田郁「蓮花の契り_出世花」

高田郁「蓮花の契り_出世花」の書評です。お江戸のおくりびと再び。寺の窮地と自分の本能に惑う正縁が最後に咲かせた花は何か。良い意味で本に裏切られる喜び。感想など。

隆慶一郎「駆込寺蔭始末」

隆慶一郎「駆込寺蔭始末」の書評です。隆慶一郎版“必殺仕事人”お行儀の良いストーカーは殺害の是非を顔で決める。悪い奴ババーン女泣かせてドカーン切って殺してバサー勧善懲悪ドーンの潔さ。感想など。

トップへ戻る