女性書評一覧

岡崎京子「pink」

岡崎京子「pink」の書評です。愛と資本主義。たいくつな東京でフツウに壊れてしまった女の子のお話。ワニのアパート室内飼いは果たして可能か?感想など。

林真理子「断崖、その冬の」

林真理子「断崖、その冬の」の書評です。オンナ35一歩手前の危険地帯。男の甘言に期待を込めてしまう愚かさと、利用する男のエゴ。悪いのは男?それとも女?感想など。

乃南アサ「いちばん長い夜に」

乃南アサ「いちばん長い夜に」の書評です。芭子&綾香シリーズ最終章。生き残ったものは生き続けなければならない。体験したことを決して忘れることなく、胸に刻みつつ、それでも諦めずに。

乃南アサ「すれ違う背中を」

乃南アサ「すれ違う背中を」の書評です。芭子&綾香シリーズ二冊目。前科という重い過去を背負いながらも、支えあいながら下町谷中でそっと生きていく。ズッコケ巡査も変わらず登場。感想など。

乃南アサ「凍える牙」

乃南アサ「凍える牙」の書評です。直木賞受賞作。公私ともに苦難が続く音道貴子の忍従は、オオカミ犬と夜の高速道路で爆発する。感想など。

百田尚樹「モンスター」

百田尚樹「モンスター」の書評です。この本を美容整形ハウツー本として売り出すならば、ドラマ化のスポンサーは湘南美容外科か高須クリニックか。感想など。

トップへ戻る