「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → http://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

久坂部羊「無痛」

久坂部羊「無痛」の書評です。当たるも八卦当たらぬも八卦、黙って座ればピタリと当たる。視診エキスパート為頼先生の診療は、医術の奇跡か易者の勘か。感想など。

シャーロット・ブロンテ「ジェーン・エア」

シャーロット・ブロンテ「ジェーン・エア」の書評です。今日4/21は作者ブロンテの誕生日です。異色のヒロイン、ジェーンは、女性からの愛の告白、職業婦人で独立独歩。19世紀英国子女には刺激が強すぎるゴシック・ロマン。感想など。

山本周五郎「さぶ」

山本周五郎「さぶ」の書評です。金襴の切一枚で変わる人生と、変わらない人の真心。不器用なさぶはわり食うカプリコーン?さぶの感想と、さくら女子高生時代の思い出など。

小松左京「復活の日」

小松左京「復活の日」の書評です。南極大陸を残して世界が死滅した---映画と原作のどちらが優れているかは、グレートマザーと妖精のどちらを選ぶかで変わる。超傑作SF。感想など。

石持浅海「人面屋敷の惨劇」

石持浅海「人面屋敷の惨劇」の書評です。屋敷の当主が死んだ。当主を殺した犯人も死んだ。なのに加害者仲間と被害者家族が揃って仲良く謎解きレッツシンキング。感想など。

トップへ戻る