「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → http://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

椿いずみ「月刊少女野崎くん」

椿いずみ「月刊少女野崎くん」の書評です。男子高校生少女漫画家をめぐる、勘違いと勘違いが絡んだ日常ギャグ4コマ。程よい安定感(非マンネリ)と外しのなさで脳内疲労回復。感想など。

隆慶一郎「駆込寺蔭始末」

隆慶一郎「駆込寺蔭始末」の書評です。隆慶一郎版“必殺仕事人”お行儀の良いストーカーは殺害の是非を顔で決める。悪い奴ババーン女泣かせてドカーン切って殺してバサー勧善懲悪ドーンの潔さ。感想など。

坂木司「ワーキング・ホリデー」

坂木司「ワーキング・ホリデー」の書評です。ド底辺の極貧哀歌の題材もホッコリーノ坂木マジックでおとぎ話に変身。『沖田大和モテモテ男塾』は現代の小学ダンスィにニーズはあるか。感想など。

坂木司「アンと青春」

坂木司「アンと青春」の書評です。蓬莱山の姑根性?流れのない水?甘酒の煮?和菓子に隠されたそれぞれの意味。19歳フリーター娘には、和菓子も仕事も恋も謎だらけ。感想など。

メアリ・H・クラーク「誰かが見ている」

メアリ・H・クラーク「誰かが見ている」の書評です。連続殺人鬼。誘拐。爆弾。冤罪の死刑執行。脅迫。隠れ潜む浮浪者。母の殺害を目撃した子供。心臓病。盗難車。残された指輪。ワクドキてんこ盛りジェットコースター。感想など。

中山七里「作家刑事毒島」

中山七里 「作家刑事毒島」の書評です。出版業界には魑魅魍魎が住んでいる?世間の常識や商習慣が通用しない?文芸の世界で起こる殺人事件は、刑事と作家の二束のワラジで解決。うふ、うふふ、うふふふふ。感想など。

フレドリック・ブラウン「火星人ゴーホーム」

フレドリック・ブラウン「火星人ゴーホーム」の書評です。口が悪く挑戦的で胸糞が悪く横暴で喧嘩好きで辛辣で無作法で呪わしく悪魔的...な火星人が10億人地球にやってきた。世界は大混乱、どうなる地球?に隠された恐るべき真相とは。感想など。

阿刀田高「食べられた男」

阿刀田高「食べられた男」の書評です。ショートショートは星新一で始まり星新一の死とともに終わった?ノンノンどっこい阿刀田高が生きている。ショート×2復活の期待を込めて百万円のギャンブルを。感想など。

トップへ戻る