瀬戸内寂聴

せとうちじゃくちょう

エッセイ

瀬戸内寂聴「ひとりでも生きられる」

愛がなくては生きていけないが、滅びることのない愛もまた存在しない。滅びるからこそ、刻々の愛はきらめく……。男性に従属しないで自由に生きる女を支えているものは何か? 情熱の純粋さにいのちを賭け、より多く愛し、より多く傷ついた著者の半生が語りか...
タイトルとURLをコピーしました