「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → https://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

岡嶋二人「クラインの壺」

岡嶋二人「クラインの壺」の書評です。仮想空間体験ゲームに隠された謎。この世界は現実なのかバーチャルなのか?壺の内側と外側はどちらが正しい世界なのか。感想など。

祀木円「しゅんにゃん」

祀木円「しゅんにゃん」の書評です。アニマルセラピー福祉ロボット“にゃんペット”次世代の介護ロボットとしてリアル開発を切に希望。頑張れ安川電機。感想など。

北村薫「スキップ」

北村薫「スキップ」の書評です。時と人シリーズ三部作。出荷直前の果実が一瞬にしてスーパーの見切り品に変わる残酷物語。そんないらないオクラホマミキサー。感想など。

五十嵐貴久「年下の男の子」

五十嵐貴久「年下の男の子」の書評です。ひとつ歳上の女房は金の草鞋を履いて探すなら、14歳上の女房はダイヤモンドの草鞋が必要?歳の差恋愛にオトナ女子の妄想が燃える。感想など。

村上春樹「ノルウェイの森」

村上春樹「ノルウェイの森」の書評です。死は生の対極としてではなくその一部として存在している。熊は春の対極としてではなくその一部として存在していてクローバーの野原でるんたった。感想など。

荻原浩「愛しの座敷わらし」

荻原浩「愛しの座敷わらし」の書評です。懲罰人事で地方支店へ転勤を命じられた晃一一家。それぞれに問題を抱えた家族を迎えたのは、オンボロ古民家とおかっぱ頭の座敷わらし。感想など。

北村薫「ターン」

北村薫「ターン」の書評です。時と人シリーズ三部作。『くるりん』の時間が君を取り残す。1本の電話で繋がる真希と現実との恋愛小説。感想など。

トップへ戻る