「 動物 」書評一覧

貴志祐介「雀蜂」

貴志祐介「雀蜂」

11月下旬の八ヶ岳。山荘で目醒めた小説家の安斎が見たものは、次々と襲ってくるスズメバチの大群だった。昔ハチに刺された安斎は、もう一度刺される...

平井和正「狼男だよ」

平井和正「狼男だよ」

満月の夜のおれ、犬神明を殺すことのできる者は、どのような手段によろうと、この世には存在しない。おれは犬神一族の生き残り、正真正銘の人狼なのだ...

乃南アサ「凍える牙」

乃南アサ「凍える牙」

深夜のファミリーレストランで突如、男の身体が炎上した!遺体には獣の咬傷が残されており、警視庁機動捜査隊の音道貴子は相棒の中年デカ・滝沢と捜査...

トップへ戻る