ドラマ化書評一覧

連城三紀彦「恋文」

連城三紀彦「恋文」の書評です。直木賞受賞作。夫に去られた妻が渡した離婚届は最高のラヴレター。造花は時に現実の花よりリアルで美しい。感想など。

渡辺淳一「愛の流刑地」

渡辺淳一「愛の流刑地」の書評です。通勤電車のパラダイスタイムを再びデータ検証。愛はエロスかタナトスか。渡辺淳一の死を惜しむサラリーマン諸氏に捧ぐ。感想など。

三浦綾子「氷点」

三浦綾子「氷点」の書評です。愛する我が子を殺した犯人の娘を養女にした夫。7年後にそれを知った妻。“汝の敵を愛せ”に隠された目的と、人間の原罪とは何か。感想など。

渡辺淳一「失楽園」

渡辺淳一「失楽園」の書評です。日経新聞連載時のサービスタイム割合をデータ検証。二人の愛は純愛か、はたまた単なるポルノ小説か。

松岡圭祐「探偵の探偵」

松岡圭祐「探偵の探偵」の書評です。暗い過去を持ち決して笑わぬ美女役は北川景子がよく似合う。秘められた嗜虐心が刺激されるシリーズ第1作。感想など。

トップへ戻る