H・F・セイント

えいひ・えふ・せいんと

小説

H・F・セイント「透明人間の告白」

三十四歳の平凡な証券アナリスト、ニックは、科学研究所の事故に巻き込まれ、透明人間になってしまう。透明な体で食物を食べるとどうなる?会社勤めはどうする?生活費は?次々に直面する難問に加え、秘密情報機関に追跡される事態に…“本の雑誌が選ぶ30年...
タイトルとURLをコピーしました