久住昌之「大根はエライ」

スポンサーリンク

日本でいちばん食べられている野菜、大根。生でも煮てもおいしいけど、味の引き立て役に徹しているような奥ゆかしい感じがします。大根は、もっと主張してもいいのでは…。2019年第24回日本絵本賞受賞。
(「BOOK」データベースより)

大根

「大根はエライ」とのタイトルに対して、表紙絵(下記のアマゾンリンクで見られます)の大根は「そんなことないってば」と自己否定。

表紙で、すべて、完結!

created by Rinker
¥1,430 (2020/08/09 11:43:07時点 Amazon調べ-詳細)

大根の何がエライのかってのはさておいてね、ちょっとこの絵本の著者を確認してくださいよ。
「孤独のグルメ」の久住昌之さんなんですよ。

久住昌之(敬称略)については当ブログにおいても「かっこいいスキヤキ」のご紹介をしたことがありますが(著者名の泉昌之はユニット名です)、ちょ、え、絵本ですか。あの久住昌之さん(継承有り)が。初めてこの本見た時には同姓同名の別人かと思いましたよ。

泉晴紀(作画)&久住昌之(原作)の2人ユニットのデビュー作『夜行』含む「ガロ」「宝島」に掲載した作品を収録した初期短編集。 マ...

内容的にも絵面的にも『やっぱり男はキンピラゴボウよ!』と、イメージが違いすぎるwww

それでですね。大根の何がエライのかって言いますと。

いやでも考えてみたらすごいと思いません?大根って。煮ても焼いても生も良し、干したらタクワンにも切り干し大根にもなるし。大根おろしや刺身のツマなど、どんな形状に変わったって使えるし。

和洋中(ポトフにも合うそうな)どれでもOKの汎用性の広さに加え、食材としてだけでなくノドの痛みやニキビの治療薬にだってなる。

あーすげえ大根。

エライ大根。

なのに大根は「大根足」とか「大根役者」とか蔑みの対象になってて、それでも地味に頑張ってる。エライ、エライぞ大根…と、いう内容です。

この絵本はですね、もともと「たくさんのふしぎ」という月刊科学絵本の中の1冊だったのです。

月刊科学絵本とは何ぞや?と思った方に説明。絵本出版社の福音館書店では毎月絵本を「雑誌」として発行しているのです。小さい子を持つお母さんならきっと知ってる「こどものとも0.1.2」とかね。

「たくさんのふしぎ」は、子供向けに楽しく“ふしぎ”を理解もらおうとする小学校中学年向けのシリーズ。“ふしぎ”は自然・環境・人間の生活・歴史・文化・数学・哲学…と多岐に渡る、とは福音館書店の受け売り。

どうして“あの”久住昌之(敬称略)が「たくさんのふしぎ」の執筆群に名を連ねることになったのかは不明。久住昌之(敬称略)の他の仕事とは異質なジャンルで、どうして仕事を引き受けることになったのかも不明。

いたいけなお子様の情操教育に誠によろしい「こどものとも」のオトモダチに「かっこいいスキヤキ」の本郷さんが侵食する、その事実こそが出版業界の“たくさんのふしぎ”。

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ    
トップへ戻る