「 母 」書評一覧

角田光代「八日目の蝉」

角田光代「八日目の蝉」

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。偽りの母子の先が見えな...

トップへ戻る