沼正三

ぬましょうぞう

小説

沼正三「家畜人ヤプー」

2000年後の宇宙帝国「イース」。拉致された日本人青年と恋人クララの運命の逆転。倒錯の性を通して、謎の作家が描く地球崩壊、人類破滅の極限状況は…。 (「MARC」データベースより) 書評ブログなるものを始めて半年余。自分が取り上...
タイトルとURLをコピーしました