東川篤哉

ひがしがわとくや

小説

東川篤哉「謎解きはディナーのあとで」

「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」令嬢刑事と毒舌執事が難事件に挑戦。ユーモアたっぷりの本格ミステリ。 (「BOOK」データベースより) 女子の心秘かな憧れ。それは、豪邸で執事にかしずかれながらアフタヌーンティー...
タイトルとURLをコピーしました