村田沙耶香

むらたさやか

小説

村田沙耶香「殺人出産」

「産み人」となり、10人産めば、1人殺してもいい―。そんな「殺人出産制度」が認められた世界では、「産み人」は命を作る尊い存在として崇められていた。育子の職場でも、またひとり「産み人」となり、人々の賞賛を浴びていた。素晴らしい行為をたたえなが...
タイトルとURLをコピーしました