曽野綾子

そのあやこ

小説

曽野綾子「砂糖菓子が壊れるとき」

人並みはずれて美しく豊かな肉体に、無垢で傷つきやすい精神を秘めた砂糖菓子のような女千坂京子。孤独を恐れ、保護者を求めてさ迷う京子は、思いもかけぬ大スターへの道が開きかけたとき、電話の受話器を握りしめたまま冷たく横たわっていた-謎の自殺を遂げ...
タイトルとURLをコピーしました