歌舞伎

小説

連城三紀彦「飾り火」

北陸本線で知り合った女は、夫に逃げられたまま新婚旅行中の花嫁だった…。 平凡な家庭と多忙な仕事に縛られていた藤家芳行は、誘惑に負けて女と一夜をともにする。 藤家の妻、美冴は夫の挙動に不審を抱くとともに、息子や娘の変貌にうろたえる。 静...
タイトルとURLをコピーしました