小川洋子

おがわようこ

小説

小川洋子「博士の愛した数式」

世界は驚きと歓びに満ちていると、博士はたった一つの数式で示した―記憶力を失った天才数学者、と私、阪神タイガースファンの10歳の息子。せつなくて、知的な至高のラブ・ストーリー。著者最高傑作。 (「BOOK」データベースより) 『サ...
タイトルとURLをコピーしました