連城三紀彦書評一覧

れんじょうみきひこ

連城三紀彦「小さな異邦人」

連城三紀彦「小さな異邦人」の書評です。作者最後の短編集。ある日かかってきた誘拐犯からの電話は、誰を脅迫したのか。誘拐されたのはいったい誰なのか。感想など。

連城三紀彦「恋文」

連城三紀彦「恋文」の書評です。直木賞受賞作。夫に去られた妻が渡した離婚届は最高のラヴレター。造花は時に現実の花よりリアルで美しい。感想など。

連城三紀彦「飾り火」

さくらの書評ブログ。連城三紀彦「飾り火」夫に逃げられた新婚旅行中の妙子。幸せな生活が一転、夫と子供の変貌にうろたえる美冴。夫が求めたのは誰か。あらすじと感想など

トップへ戻る