「 貴志祐介 」書評一覧

きしゆうすけ

貴志祐介「天使の囀り」

貴志祐介「天使の囀り」

北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人...

貴志祐介「黒い家」

貴志祐介「黒い家」

若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者...

貴志祐介「新世界より」

貴志祐介「新世界より」

子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。いつわりの共同体...

貴志祐介「雀蜂」

貴志祐介「雀蜂」

11月下旬の八ヶ岳。山荘で目醒めた小説家の安斎が見たものは、次々と襲ってくるスズメバチの大群だった。昔ハチに刺された安斎は、もう一度刺される...

貴志祐介「悪の教典」

貴志祐介「悪の教典」

晨光学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。しかし彼は、邪魔者は躊躇...

トップへ戻る