「 荻原浩 」書評一覧

おぎわらひろし

荻原浩「押入れのちよ」

荻原浩「押入れのちよ」

失業中サラリーマンの恵太が引っ越した先は、家賃3万3千円の超お得な格安アパート。しかし一日目の夜玄関脇の押入れから「出て」きたのは、自称明治...

荻原浩「ママの狙撃銃」

荻原浩「ママの狙撃銃」

「もう一度、仕事をしてみないか」ふたりの子どもにも恵まれ、幸福な日々を送る福田曜子の元に届いた25年ぶりの仕事の依頼。幼い頃アメリカで暮らし...

荻原浩「明日の記憶」

荻原浩「明日の記憶」

知っているはずの言葉がとっさに出てこない。物忘れ、頭痛、不眠、目眩――告げられた病名は若年性アルツハイマー。どんなにメモでポケットを膨らませ...

荻原浩「家族写真」

荻原浩「家族写真」

娘の結婚、加齢に肥満、マイホーム購入、父親の脳梗塞……家族に訪れる悲喜こもごもを、ときに痛快に、ときに切なく描き、笑ったあとに心にじんわり沁...

荻原浩「砂の王国」

荻原浩「砂の王国」

全財産は、三円。転落はほんの少しのきっかけで起きた。大手証券会社勤務からホームレスになり、寒さと飢えと人々の侮蔑の目の中で閃く―「宗教を興す...

トップへ戻る