「 筒井康隆 」書評一覧

つついやすたか

筒井康隆「富豪刑事」

筒井康隆「富豪刑事」

キャデラックを乗り廻し、最高のハバナの葉巻をくゆらせた“富豪刑事"こと神戸大助が、迷宮入り寸前の五億円強奪事件を、密室殺人事件を、誘拐事件を...

筒井康隆「旅のラゴス」

筒井康隆「旅のラゴス」

北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団...

筒井康隆「霊長類 南へ」

筒井康隆「霊長類 南へ」

毎読新聞の記者澱口は、恋人の珠子をベッドに押し倒していた。珠子が笑った。「どうしたのよ、世界の終りがくるわけでもあるまいし」その頃、合衆国大...

筒井康隆「美藝公」

筒井康隆「美藝公」

映画産業はわが国最大の産業であり、その頂点にたつスター第一人者が美藝公である。映画産業はなやかなりし頃の夢とロマンにみちた"大活動写真"を描...

トップへ戻る