直木賞書評一覧

連城三紀彦「恋文」

連城三紀彦「恋文」の書評です。直木賞受賞作。夫に去られた妻が渡した離婚届は最高のラヴレター。造花は時に現実の花よりリアルで美しい。感想など。

桜木紫乃「ホテルローヤル」

桜木紫乃「ホテルローヤル」の書評です。一軒のラブホテルが見つめ続けたものはセックスだけじゃない。人の繋がりの、危うさ、脆さ。乾いた筆致が肌の温もりを奪い取る。感想など。

トップへ戻る