犯罪記事一覧

メアリ・H・クラーク「誰かが見ている」

メアリ・H・クラーク「誰かが見ている」の書評です。連続殺人鬼。誘拐。爆弾。冤罪の死刑執行。脅迫。隠れ潜む浮浪者。母の殺害を目撃した子供。心臓病。盗難車。残された指輪。ワクドキてんこ盛りジェットコースター。感想など。

貴志祐介「黒い家」

貴志祐介「黒い家」の書評です。この人間には心がない---命と金を賭けるギャンブルで、総取りを目論む保険金殺人。メンタルも脳みそも弱めの主人公が太刀打ちできるか?感想など。

中山七里「おやすみラフマニノフ」

中山七里「おやすみラフマニノフ」の書評です。時価2億円のストラディバリウスが消失。グランドピアノの破壊に続き、音大演奏会の中止を求める脅迫状が...超人・岬先生パワーアップの音楽ミステリ。感想など。

連城三紀彦「小さな異邦人」

連城三紀彦「小さな異邦人」の書評です。作者最後の短編集。ある日かかってきた誘拐犯からの電話は、誰を脅迫したのか。誘拐されたのはいったい誰なのか。感想など。

桐野夏生「I’m sorry,mama.」

桐野夏生「I’m sorry,mama.」の書評です。娼館で産まれた無戸籍の少女が怪物に成長するまで。悪の経典ハスミンと共通するのは、年末大そうじに最適なお片付けスキル。感想など。

石持浅海「月の扉」

石持浅海「月の扉」の書評です。ハイジャックされた航空機内に死体がひとつ。事故か自殺か殺人か。ハイジャック犯に代わって探偵役を外注された『座間味くん』の登場。感想など。

トップへ戻る