映画化記事一覧

村上春樹「ノルウェイの森」

村上春樹「ノルウェイの森」の書評です。死は生の対極としてではなくその一部として存在している。熊は春の対極としてではなくその一部として存在していてクローバーの野原でるんたった。感想など。

荻原浩「愛しの座敷わらし」

荻原浩「愛しの座敷わらし」の書評です。懲罰人事で地方支店へ転勤を命じられた晃一一家。それぞれに問題を抱えた家族を迎えたのは、オンボロ古民家とおかっぱ頭の座敷わらし。感想など。

北村薫「ターン」

北村薫「ターン」の書評です。時と人シリーズ三部作。『くるりん』の時間が君を取り残す。1本の電話で繋がる真希と現実との恋愛小説。感想など。

安部公房「砂の女」

安部公房「砂の女」の書評です。~罰がなければ、逃げるたのしみもない~ 砂丘の家に閉じ込められた男。彼の手のなかの往復切符を使える日は果たして来るのか。感想など。

渡辺淳一「愛の流刑地」

渡辺淳一「愛の流刑地」の書評です。通勤電車のパラダイスタイムを再びデータ検証。愛はエロスかタナトスか。渡辺淳一の死を惜しむサラリーマン諸氏に捧ぐ。感想など。

渡辺淳一「失楽園」

渡辺淳一「失楽園」の書評です。日経新聞連載時のサービスタイム割合をデータ検証。二人の愛は純愛か、はたまた単なるポルノ小説か。

吉本ばなな「キッチン」

吉本ばなな「キッチン」の書評です。死と再生。孤独でも失っても消耗しても、台所=生と家庭の象徴があればいつか立ち上がれる日も来る。感想など。

トップへ戻る