映画化書評一覧

スティーブン・キング「シャイニング」

スティーブン・キング「シャイニング」の書評です。雪に閉ざされたホテルで一冬を過ごす事になった少年。ホテルに巣食う悪霊は少年の“かがやき”を欲しがった。悪霊許すまじ。キューブリック許すまじ。感想など。

荻原浩「明日の記憶」

荻原浩「明日の記憶」の書評です。人は何度でも恋をする。また同じ人に恋をする。若年性アルツハイマーに罹患した営業マンの不安、哀しみ、そして闘い。感想など。

浅田次郎「プリズンホテル〈2〉秋 」

浅田次郎「プリズンホテル〈2〉秋 」の書評です。警察とヤクザが温泉宿ではちあわせ。大宴会場では出刃包丁と銃弾が飛び交う大騒ぎ。みっちりと詰め込まれた重箱の豪華絢爛おせち料理の味わい。感想など。

浅田次郎「プリズンホテル〈1〉夏 」

浅田次郎「プリズンホテル〈1〉夏 」の書評です。ヤクザ専用の温泉ホテルは笑いあり、涙あり、人情話に熟年離婚に一家心中にゲロにボヤあり。東神田木戸衣料謹製のメリヤスパンツもオマケ付き。感想など。

東野圭吾「手紙」

東野圭吾「手紙」の書評です。『犯罪は社会的な自殺』加害者家族にのしかかる差別。狂わされた人生。どうしようもない苦しみの中で届く手紙とは。彼等の選択とは。感想など。

乃南アサ「凍える牙」

乃南アサ「凍える牙」の書評です。直木賞受賞作。公私ともに苦難が続く音道貴子の忍従は、オオカミ犬と夜の高速道路で爆発する。感想など。

東野圭吾「秘密」

東野圭吾「秘密」スキーバス事故を期に入れ替わった母と娘。30代既婚女性が11歳の少女として生きる事態になったら、人生をどうやってやり直す?母と娘のどちらとして生きていく?感想など。

村上春樹「ノルウェイの森」

村上春樹「ノルウェイの森」の書評です。死は生の対極としてではなくその一部として存在している。熊は春の対極としてではなくその一部として存在していてクローバーの野原でるんたった。感想など。

荻原浩「愛しの座敷わらし」

荻原浩「愛しの座敷わらし」の書評です。懲罰人事で地方支店へ転勤を命じられた晃一一家。それぞれに問題を抱えた家族を迎えたのは、オンボロ古民家とおかっぱ頭の座敷わらし。感想など。

北村薫「ターン」

北村薫「ターン」の書評です。時と人シリーズ三部作。『くるりん』の時間が君を取り残す。1本の電話で繋がる真希と現実との恋愛小説。感想など。

安部公房「砂の女」

安部公房「砂の女」の書評です。~罰がなければ、逃げるたのしみもない~ 砂丘の家に閉じ込められた男。彼の手のなかの往復切符を使える日は果たして来るのか。感想など。

トップへ戻る