「 映画化 」書評一覧

貴志祐介「黒い家」

貴志祐介「黒い家」

若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者...

山本周五郎「さぶ」

山本周五郎「さぶ」

才走った性格と高すぎるプライドが災いして人足寄場に送られてしまう栄二。鈍いところはあるがどこまでもまっすぐなさぶ、ふたりの友情を軸に、人の抱...

トップへ戻る