映画化記事一覧

坂木司「ホリデー・イン」

坂木司「ホリデー・イン」の書評です。ホリデーシリーズ登場人物のサイドストーリー短編集。導師ヨーダのようなオカマのジャスミンに恋をしそうな危険性あり。感想など。

有川浩「阪急電車」

有川浩「阪急電車」の書評です。片道たったの15分、今津線の車内は毎日がナニワ漫談。日常が吉本喜劇。ほっこりときゅんきゅんと地元愛のコージー小説。感想など。

浅田次郎「鉄道員(ぽっぽや)」

浅田次郎「鉄道員(ぽっぽや)」の書評です。高倉健と広末涼子イメージで固定された『ぽっぽや』と、死んだ妻を引き取りに行く偽装結婚の夫『ラブ・レター』最終的な感想は、人間、顔だ。

高野和明「幽霊人命救助隊」

高野和明「幽霊人命救助隊」の書評です。天国行きの条件は、自殺志願者100人の命を救うこと。4人の幽霊が挑むミッションの成果は如何に。養老先生の解説文が最高。感想など。

坂木司「ワーキング・ホリデー」

坂木司「ワーキング・ホリデー」の書評です。ド底辺の極貧哀歌の題材もホッコリーノ坂木マジックでおとぎ話に変身。『沖田大和モテモテ男塾』は現代の小学ダンスィにニーズはあるか。感想など。

メアリ・H・クラーク「誰かが見ている」

メアリ・H・クラーク「誰かが見ている」の書評です。連続殺人鬼。誘拐。爆弾。冤罪の死刑執行。脅迫。隠れ潜む浮浪者。母の殺害を目撃した子供。心臓病。盗難車。残された指輪。ワクドキてんこ盛りジェットコースター。感想など。

フレドリック・ブラウン「火星人ゴーホーム」

フレドリック・ブラウン「火星人ゴーホーム」の書評です。口が悪く挑戦的で胸糞が悪く横暴で喧嘩好きで辛辣で無作法で呪わしく悪魔的...な火星人が10億人地球にやってきた。世界は大混乱、どうなる地球?に隠された恐るべき真相とは。感想など。

貴志祐介「黒い家」

貴志祐介「黒い家」の書評です。この人間には心がない---命と金を賭けるギャンブルで、総取りを目論む保険金殺人。メンタルも脳みそも弱めの主人公が太刀打ちできるか?感想など。

シャーロット・ブロンテ「ジェーン・エア」

シャーロット・ブロンテ「ジェーン・エア」の書評です。今日4/21は作者ブロンテの誕生日です。異色のヒロイン、ジェーンは、女性からの愛の告白、職業婦人で独立独歩。19世紀英国子女には刺激が強すぎるゴシック・ロマン。感想など。

山本周五郎「さぶ」

山本周五郎「さぶ」の書評です。金襴の切一枚で変わる人生と、変わらない人の真心。不器用なさぶはわり食うカプリコーン?さぶの感想と、さくら女子高生時代の思い出など。

トップへ戻る