探偵記事一覧

若竹七海「暗い越流」

若竹七海「暗い越流」の書評です。不運な女探偵の葉村晶シリーズ。相変わらずグッと不運。グッと満身創痍。アルコール依存症の独白「狂酔」は、カレーを食べる前に読んではいけない。感想など。

堂場瞬一「青の懺悔」

堂場瞬一「青の懺悔」の書評です。元メジャーリーガーの息子が誘拐された。奪われた一億円とボン気質探偵の怪我の元凶は、甲子園を目指した過去からの遺恨のボール。感想など。

松岡圭祐「探偵の探偵」

松岡圭祐「探偵の探偵」の書評です。暗い過去を持ち決して笑わぬ美女役は北川景子がよく似合う。秘められた嗜虐心が刺激されるシリーズ第1作。感想など。

綾辻行人「時計館の殺人」

綾辻行人「時計館の殺人」の書評です。館シリーズ一番人気。外界と遮断された屋敷に潜む少女の亡霊...時に小説は読者にいくつかの教訓を与えることがある。作者の意図にはよらずして。

横溝正史「犬神家の一族」

横溝正史「犬神家の一族」の書評です。あの映画のワンシーン、池からVの字シンクロナイズドスイミングを見る度に、思い出すのは日清カップヌードル。感想など。

トップへ戻る