「 戦争 」書評一覧

北村薫「鷺と雪」

北村薫「鷺と雪」

昭和十一年二月、運命の偶然が導く切なくて劇的な物語の幕切れ「鷺と雪」ほか、華族主人の失踪の謎を解く「不在の父」、補導され口をつぐむ良家の少年...

北村薫「リセット」

北村薫「リセット」

遠く、近く、求めあう二つの魂。想いはきっと、時を超える。『スキップ』『ターン』に続く《時と人》シリーズ第三弾。「------また、会えた...

筒井康隆「霊長類 南へ」

筒井康隆「霊長類 南へ」

毎読新聞の記者澱口は、恋人の珠子をベッドに押し倒していた。珠子が笑った。「どうしたのよ、世界の終りがくるわけでもあるまいし」その頃、合衆国大...

トップへ戻る