「 我孫子武丸 」書評一覧

あびこたけまる

我孫子武丸「裁く眼」

我孫子武丸「裁く眼」

漫画家になり損ね、浅草の路上で似顔絵を描いて生計を立てている袴田鉄雄。あるとき、彼の腕前を見込んだテレビ局の人間から、「法廷画」を描いてほし...

我孫子武丸「0の殺人」

我孫子武丸「0の殺人」

物語の冒頭に置かれた〈作者からの注意〉に、驚くべきことに、奇妙極まりない殺人劇の容疑者たち四人のリストが公開されている。この大胆かつ破天荒な...

我孫子武丸「探偵映画」

我孫子武丸「探偵映画」

新作の撮影中に謎の失踪を遂げた鬼才の映画監督・大柳登志蔵。すでにラッシュは完成、予告編も流れているが、実はこの時点で作品の結末を知るのは監督...

トップへ戻る