宮部みゆき記事一覧

みやべみゆき

宮部みゆき「孤宿の人」

宮部みゆき「孤宿の人」の書評です。江戸時代、讃岐の小藩に起こる怪異。悪鬼悪霊が災厄を伴いやってくる。阿呆の“ほう”が出逢った悪鬼の姿とは。感想など。

宮部みゆき,吉田尚令「悪い本」

宮部みゆき,吉田尚令「悪い本」の書評です。「あなたが私を忘れても/私はあなたを忘れない」自分の内に潜む黒い影に気付いた時にこの本を開いたら、悪い本は何を教えてくれる?怪談えほんシリーズ。感想など。

宮部みゆき「地下街の雨」

宮部みゆき「地下街の雨」の書評です。地下街で雨に気付くのは、裏切りの事実に気付く心と似ている。傘を手に待つ人を見つける日はいつ来るか。それにつけても電話の精カワユス。感想など。

トップへ戻る