安部公房書評一覧

あべこうぼう

安部公房「砂の女」

安部公房「砂の女」の書評です。~罰がなければ、逃げるたのしみもない~ 砂丘の家に閉じ込められた男。彼の手のなかの往復切符を使える日は果たして来るのか。感想など。

トップへ戻る