仕事記事一覧

岡嶋二人「殺人者志願」

岡嶋二人「殺人者志願」の書評です。ひとごろしになるのも大変。殺人方法と死体の始末に苦労苦心する巻き込まれ型ミステリ。もしくは昭和の遺跡発掘。感想など。

浅田次郎「鉄道員(ぽっぽや)」

浅田次郎「鉄道員(ぽっぽや)」の書評です。高倉健と広末涼子イメージで固定された『ぽっぽや』と、死んだ妻を引き取りに行く偽装結婚の夫『ラブ・レター』最終的な感想は、人間、顔だ。

今野敏「任侠学園」

今野敏「任侠学園」の書評です。廃校寸前の私立高校に行かされた中間管理職・日村氏の世界残酷物語。改革成功後の最大のWINは誰か?感想など。

勝田尚哉「建設中。」

勝田尚哉「建設中。」の書評です。鉄骨と瓦礫と土砂とヘルメットと安全帯と寅壱のニッカポッカ。お好きな方にはたまらない?好きでなくても美しい!建設現場の写真集。感想など。

坂木司「ワーキング・ホリデー」

坂木司「ワーキング・ホリデー」の書評です。ド底辺の極貧哀歌の題材もホッコリーノ坂木マジックでおとぎ話に変身。『沖田大和モテモテ男塾』は現代の小学ダンスィにニーズはあるか。感想など。

坂木司「アンと青春」

坂木司「アンと青春」の書評です。蓬莱山の姑根性?流れのない水?甘酒の煮?和菓子に隠されたそれぞれの意味。19歳フリーター娘には、和菓子も仕事も恋も謎だらけ。感想など。

高田郁「出世花」

高田郁「出世花」の書評です。江戸時代のエンバーマー“おくりびと”が飾る死者の旅立ちは、優しく切なく美しく。健気なヒロインに感動。でも寺の運営費用だけが、ちと心配。感想など。

石持浅海「殺し屋、やってます。」

石持浅海「殺し屋、やってます。」の書評です。経営コンサル富澤さんの副業“殺し屋”は、マーケティングとビジネスモデルを踏まえた安心安全システム。ミステリならぬ、ビジネス書。感想など。

有川浩「三匹のおっさん」

有川浩「三匹のおっさん」の書評です。イカしたおっさん三人衆が悪を切る!愉快痛快ジジイ萌え、さらにスリルとサスペンス(?)のエレクトリカルパレード。感想など。

荻原浩「あの日にドライブ」

荻原浩「あの日にドライブ」の書評です。新人タクシードライバー奮闘記。彼が人生至る所青山ありの境地に達する日はいつか。そしてほんのむしダイエットサプリは売れるのか。感想など。

坂木司「和菓子のアン」

坂木司「和菓子のアン」の書評です。アンちゃんのフリーター生活は、和菓子とデパートの裏側を覗き見る探訪の日々。のんびりまったりしたい時のお奨め本。感想など。

トップへ戻る