仕事記事一覧

松山円香「ひかりうりのぴかこさん」

松山円香「ひかりうりのぴかこさん」の書評です。落ち着いた優しい絵柄が素敵な絵本。主人公がチョウチンアンコウという初期設定そのものがファンタジック。セレクトショップオーナーの健康だけが心配。感想など。

大石圭「女奴隷は夢を見ない」

大石圭「女奴隷は夢を見ない」の書評です。 特殊な趣味嗜好を充足する大石ワールドへようこそ!異国情緒溢れる横浜で開催される奴隷市の、奴隷商人と商品4名に密着“ザ・プロフェッショナル”感想など。

岡嶋二人「殺人者志願」

岡嶋二人「殺人者志願」の書評です。ひとごろしになるのも大変。殺人方法と死体の始末に苦労苦心する巻き込まれ型ミステリ。もしくは昭和の遺跡発掘。感想など。

浅田次郎「鉄道員(ぽっぽや)」

浅田次郎「鉄道員(ぽっぽや)」の書評です。高倉健と広末涼子イメージで固定された『ぽっぽや』と、死んだ妻を引き取りに行く偽装結婚の夫『ラブ・レター』最終的な感想は、人間、顔だ。

今野敏「任侠学園」

今野敏「任侠学園」の書評です。廃校寸前の私立高校に行かされた中間管理職・日村氏の世界残酷物語。改革成功後の最大のWINは誰か?感想など。

勝田尚哉「建設中。」

勝田尚哉「建設中。」の書評です。鉄骨と瓦礫と土砂とヘルメットと安全帯と寅壱のニッカポッカ。お好きな方にはたまらない?好きでなくても美しい!建設現場の写真集。感想など。

坂木司「ワーキング・ホリデー」

坂木司「ワーキング・ホリデー」の書評です。ド底辺の極貧哀歌の題材もホッコリーノ坂木マジックでおとぎ話に変身。『沖田大和モテモテ男塾』は現代の小学ダンスィにニーズはあるか。感想など。

坂木司「アンと青春」

坂木司「アンと青春」の書評です。蓬莱山の姑根性?流れのない水?甘酒の煮?和菓子に隠されたそれぞれの意味。19歳フリーター娘には、和菓子も仕事も恋も謎だらけ。感想など。

高田郁「出世花」

高田郁「出世花」の書評です。江戸時代のエンバーマー“おくりびと”が飾る死者の旅立ちは、優しく切なく美しく。健気なヒロインに感動。でも寺の運営費用だけが、ちと心配。感想など。

トップへ戻る