ミステリ記事一覧

若竹七海「暗い越流」

若竹七海「暗い越流」の書評です。不運な女探偵の葉村晶シリーズ。相変わらずグッと不運。グッと満身創痍。アルコール依存症の独白「狂酔」は、カレーを食べる前に読んではいけない。感想など。

北村薫「街の灯」

北村薫「街の灯」の書評です。ベッキーさんシリーズ第一作。昭和初期の上流階級ご令嬢と、女性運転手ベッキーさんが挑む“日常の謎”感想など。

石持浅海「トラップ・ハウス」

石持浅海「トラップ・ハウス」の書評です。狭いトレーラーハウスに団体10名様の人口密集率高いクローズドサークル。さらに居住空間をせばめる死体がひとつ、もうひとつ。冷蔵庫すら使用不可。感想など。

筒井康隆「富豪刑事」

筒井康隆「富豪刑事」の書評です。地獄の沙汰も金次第?大富豪神戸大助の手にかかればどんな事件も万事解決のレッツ資本主義を謳歌するミステリ4編。感想など。

連城三紀彦「小さな異邦人」

連城三紀彦「小さな異邦人」の書評です。作者最後の短編集。ある日かかってきた誘拐犯からの電話は、誰を脅迫したのか。誘拐されたのはいったい誰なのか。感想など。

石持浅海「月の扉」

石持浅海「月の扉」の書評です。ハイジャックされた航空機内に死体がひとつ。事故か自殺か殺人か。ハイジャック犯に代わって探偵役を外注された『座間味くん』の登場。感想など。

石持浅海「君がいなくても平気」

石持浅海「君がいなくても平気」の書評です。自分の彼女が殺人犯であると気付いたら?沈む船から早く逃げ出せのThe_Great_Escape。しかし彼女の真の闇は、殺人ではなく着メロに有。感想など。

我孫子武丸「0の殺人」

我孫子武丸「0の殺人」の書評です。おなじみ速水三兄妹のユーモアミステリ。冒頭で容疑者4名が提示されるも、いったいいつどこで殺人が?感想など。

宮部みゆき「地下街の雨」

宮部みゆき「地下街の雨」の書評です。地下街で雨に気付くのは、裏切りの事実に気付く心と似ている。傘を手に待つ人を見つける日はいつ来るか。それにつけても電話の精カワユス。感想など。

井上夢人「the TEAM」

井上夢人「the TEAM」の書評です。霊能力者?それともインチキ?オカルト現象に悩んだら霊導師能城あや子に相談を。どんな怪奇現象も一発解決。空き巣の侵入は必要リスク。感想など。

トップへ戻る