ホラー記事一覧

宮部みゆき,吉田尚令「悪い本」

宮部みゆき,吉田尚令「悪い本」の書評です。「あなたが私を忘れても/私はあなたを忘れない」自分の内に潜む黒い影に気付いた時にこの本を開いたら、悪い本は何を教えてくれる?怪談えほんシリーズ。感想など。

五十嵐貴久「リターン」

五十嵐貴久「リターン」の書評です。JR中央線に乗って10年ぶりにかえってきたリカちゃんの影薄し。衝撃の眼球くりぬきでも満足できない過剰な読者の欲望こそがホラー。感想など。

荻原浩「押入れのちよ」

荻原浩「押入れのちよ」の書評です。ちょっと怖い、そして切ない。ホラー風味の香辛料を振りかけた短編9編は、味わい深さを約束するのはがってんしょうたくん。感想など。

宮部みゆき「地下街の雨」

宮部みゆき「地下街の雨」の書評です。地下街で雨に気付くのは、裏切りの事実に気付く心と似ている。傘を手に待つ人を見つける日はいつ来るか。それにつけても電話の精カワユス。感想など。

スティーブン・キング「シャイニング」

スティーブン・キング「シャイニング」の書評です。雪に閉ざされたホテルで一冬を過ごす事になった少年。ホテルに巣食う悪霊は少年の“かがやき”を欲しがった。悪霊許すまじ。キューブリック許すまじ。感想など。

五十嵐貴久「リカ」

五十嵐貴久「リカ」の書評です。出会い系サイトにはご用心。パソコンの向こう側に居るのはストーカーか怪物か、はたまた『もしもしあたしリカちゃん』か。感想など。

荻原浩「愛しの座敷わらし」

荻原浩「愛しの座敷わらし」の書評です。懲罰人事で地方支店へ転勤を命じられた晃一一家。それぞれに問題を抱えた家族を迎えたのは、オンボロ古民家とおかっぱ頭の座敷わらし。感想など。

トップへ戻る