ファンタジー記事一覧

貴志祐介「新世界より」

貴志祐介「新世界より」の書評です。人間が呪力を得た世界で、平和を守る為に管理する事と棄て去られる事。棄てられた存在から何が生まれたか。架空世界の世界観にどっぷり浸かる本。感想など。

筒井康隆「旅のラゴス」

筒井康隆「旅のラゴス」の書評です。いつかどこかの世界での旅人のサーガ。冒険者になり、奴隷になり、王様になり、学者になり、でもやっぱり、いつも旅人。感想など。

北村薫「ターン」

北村薫「ターン」の書評です。時と人シリーズ三部作。『くるりん』の時間が君を取り残す。1本の電話で繋がる真希と現実との恋愛小説。感想など。

有川浩「空の中」

有川浩「空の中」の書評です。高度2万Mに出現した謎の物体。沢山の思いが錯綜する中でUMAと人間との交流に最良の着地点は見つかるのか。ドキドキときゅんとホロリの一冊。

村上たかし「星守る犬」

さくらの書評ブログ。村上たかし「星守る犬」死後1年が経過した男性。しかし一緒にいた犬は死後3ヶ月だった...無常観が心を揺さぶる一冊。あらすじと感想など。ネタバレ注意!

トップへ戻る