ジョナサン・キャロル書評一覧

じょなさん・きゃろる

ジョナサン・キャロル「死者の書」

ジョナサン・キャロル「死者の書」の書評です。愛する作家の作品世界を甦らせる魔法のペンは、喋る犬が死んだらお祝いするほどに。神が夕方の列車で還ってくるまでに逃げることはできるかな。感想など。

トップへ戻る