「印刷されたばかりの書物ほど素晴らしい香りはこの世に存在しない」

シャネルのデザイナーでもあるカール・ラガーフェルドの言葉。
そして古い本は、おがくずとバニラの香り。
新しきも古きも、紙の本の香りを愛する人は皆ほんのむし。
いざ行かん、共に本の虫ライフ。

ほんのむしのURLが変わりました。
新しいURLはこちら → http://honno64.com

ブックマークして頂いている方は、お手数ですがご変更下さいます様よろしくお願いします。
スポンサーリンク

作者さんの一覧

最新の書評一覧

中山七里「連続殺人鬼カエル男」

中山七里「連続殺人鬼カエル男」の書評です。このミステリーがすごい!大賞エントリー作品。かの英国女史ミステリ有名作品のB級焼き直し作品と油断していたら、足元を掬われる本格ミステリ。被害者描写のグロさが光る。感想など。

桜木紫乃「ホテルローヤル」

桜木紫乃「ホテルローヤル」の書評です。一軒のラブホテルが見つめ続けたものはセックスだけじゃない。人の繋がりの、危うさ、脆さ。乾いた筆致が肌の温もりを奪い取る。感想など。

今野敏「任侠病院」

今野敏「任侠病院」の書評です。任侠シリーズ(?)第3弾。ヤクザが潰れかけた病院を立て直す「愛の貧乏脱出大作戦 byみのもんた」感想など。

横溝正史「犬神家の一族」

横溝正史「犬神家の一族」の書評です。あの映画のワンシーン、池からVの字シンクロナイズドスイミングを見る度に、思い出すのは日清カップヌードル。感想など。

トップへ戻る