小説記事一覧

今野敏「慎治」

今野敏「慎治」の書評です。いじめによる万引きの強要をきっかけに開かれた新しい世界の扉。ガンダムワールドへの冒険の旅は、あなたならできるわbyセイラ・マス。感想など。

五十嵐貴久「1985年の奇跡」

五十嵐貴久「1985年の奇跡」の書評です。まわるまわるよ時代はまわる。昭和の終わり頃から30年を経て変わったものは何か。野球のボールを握りつつ、秋元康の隆盛を予言する預言の書?感想など。

中山七里「闘う君の唄を」

中山七里「闘う君の唄を」の書評です。中島みゆき楽曲からインスパイアされたミステリは、前半と後半で印象が大きく異なるグリコアーモンドキャラメル。最大の謎は、前半に。感想など。

高野和明「幽霊人命救助隊」

高野和明「幽霊人命救助隊」の書評です。天国行きの条件は、自殺志願者100人の命を救うこと。4人の幽霊が挑むミッションの成果は如何に。養老先生の解説文が最高。感想など。

隆慶一郎「駆込寺蔭始末」

隆慶一郎「駆込寺蔭始末」の書評です。隆慶一郎版“必殺仕事人”お行儀の良いストーカーは殺害の是非を顔で決める。悪い奴ババーン女泣かせてドカーン切って殺してバサー勧善懲悪ドーンの潔さ。感想など。

坂木司「ワーキング・ホリデー」

坂木司「ワーキング・ホリデー」の書評です。ド底辺の極貧哀歌の題材もホッコリーノ坂木マジックでおとぎ話に変身。『沖田大和モテモテ男塾』は現代の小学ダンスィにニーズはあるか。感想など。

坂木司「アンと青春」

坂木司「アンと青春」の書評です。蓬莱山の姑根性?流れのない水?甘酒の煮?和菓子に隠されたそれぞれの意味。19歳フリーター娘には、和菓子も仕事も恋も謎だらけ。感想など。

メアリ・H・クラーク「誰かが見ている」

メアリ・H・クラーク「誰かが見ている」の書評です。連続殺人鬼。誘拐。爆弾。冤罪の死刑執行。脅迫。隠れ潜む浮浪者。母の殺害を目撃した子供。心臓病。盗難車。残された指輪。ワクドキてんこ盛りジェットコースター。感想など。

トップへ戻る