豊福まきこ「おどりたいの」

スポンサーリンク

森のはずれでバレエに出会った、まっ白な子うさぎ。一目で優雅な世界に引きこまれてしまいました。うさぎだけど、踊りたい!勇気を出して扉をたたいた子うさぎを、先生は優しく迎えいれてくれます。さあ、リズムに乗って1、2、3♪楽しげな様子に、他の子うさぎたちも集まってきて…。―「好き」はすべての原動力!知らない世界に飛び込む勇気を、後押ししてくれる一冊です。
(「BOOK」データベースより)

豊福まきこ おどりたいの

お嬢さんが最近バレエをはじめた、お母さん。

大人になってからバレエにチャレンジしはじめた、がんばりやさん。

うさぎ好き、モフモフ好きの、女の子ちゃん。

とにかく可愛いものに目のない、あなた。

——これ、おすすめです。

可愛い。めっさ可愛い。鼻から醤油を噴き出すくらい可愛い。

顔の下半分を醤油まみれにしながら、お届けします。

おんがくに のって アン、ドゥ、トロワ

タンデュ アラベスク
つまさき のばして アン、ドゥ、トロワ

こうさぎは うれしくて しかたありません。
だって おどれるんですもの。

私の知人に、図書館で読み聞かせの「おはなし会」をやっている人がいまして。
「おどりたいの」は、その方が最近の「おはなし会」で採りあげた本だそうです。

実は、本のチョイスに関してはちょっと意外でした。
絵本と一口に言っても、子どもの読み聞かせに向いた絵本・向かない絵本というのがありまして。
例えば、最近人気のヨシタケシンスケさん。あの人の絵本は一部を除き、かなり不向き。

「おどりたいの」も、然り。
読み聞かせを喜ぶ対象年齢の小さな子どもよりも、むしろ保護者のお母さんにウケそうな“大人の絵本”です。

知人も長年図書館で働いて、読み聞かせの絵本チョイスには長けたベテランさんですが、はて何故この絵本をチョイスしたのだろう?

「だって、どうしても読みたかったんだもの~!」

…うん、わかる、わかるよその気持ち。
向いてようが向いてなかろうが、そんなのどうでも良い。
そう思わせるだけの、大人女性の乙女心にズンとくる100%の可愛らしさが「おどりたいの」にはあるのです。

「まあ めずらしい おきゃくさま。
あなたも バレエを ならいにきたの?」

こうさぎは ありったけの ゆうきをだして
こくりと うなずきました。

「うさぎが おどるの?」
「ほんとうに?」
ざわざわとした こえが きこえてきます。
こうさぎは すこし ふあんになりました。

上記引用のページで、バレエ教室の扉に手をかけてバレリーナさん達に見下ろされているこうさぎちゃんの姿ときたらっ…!
真っ赤なほっぺたと不安げなまなざし、うさぎのもっちりとしたおしり。
いやもう、暴力的な可愛さです。醤油出る。鼻から醤油出る。

バーに手が届かないこうさぎちゃんのために、ハードカバーの本3冊重ねて手すりもどきを作ってあげたりね。
チュチュを作るために白いバラのはなびらを重ねたりね。

どのページを見ても『かわえぇ…』しか言えない、さくらの語彙の貧弱さよ。
そして、森の奥でこうさぎダンサーズと人間ダンサーズが一緒に踊るラストシーンには『かわえぇ…』のひとことすら言えません。
心臓がきゅんきゅんする。誰か「救心」持ってきて。動悸息切れめまいがする。あんまりにも可愛すぎて。

豊福まきこ おどりたいの

と、いうわけで。

お嬢さんが最近バレエをはじめた、お母さん。

大人になってからバレエにチャレンジしはじめた、がんばりやさん。

うさぎ好き、モフモフ好きの、女の子ちゃん。

とにかく可愛いものに目のない、あなた。

——に、この絵本、おすすめです。

なんだか結局「かわいい」としか言ってないような気がしますが。
いやホントにもう、暴力的な可愛さですから。醤油出るから。鼻から醤油出るから。

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る