宮部みゆき,吉田尚令「悪い本」

スポンサーリンク

この世の中のどこかに存在する悪い本。そんな本いらない?でもきっとほしくなる。宮部みゆきと吉田尚令が贈るこの世でいちばん悪い本。
(「BOOK」データベースより)

ミステリ作家と絵本作家がタッグを組んだ「怪談えほん」シリーズ。これが第1期の一冊目になります。
夏の怪談シーズンは終われども、目指せ怪談えほんコンプリートは続く!

161126

映画「千と千尋の神隠し」のコンセプトは、私はてっきり少女の成長譚だと思っていたのですが、本当は『君が忘れていても僕は覚えているよ』がコンセプトらしいのですね。知りませんでした。
悲しいねえ。切ないねえ。でも、どこかにさわやかな想いが残るねえ…という、ああジブリ。ああ宮崎駿。

しかし、こっちの「悪い本」。

あなたが わたしを わすれても
わたしは あなたを わすれない

あれー?同じこと言ってるのに、こっちは全然さわやかじゃないっすよジブリさん?

怪談えほん、とは銘打ってあるものの、怪談話なのかしらこれ。
でも怖いっすよ。怪談話というより、邪(よこしま)な話。ざらざらした話です。

女の子の部屋にある縫いぐるみの熊さんが、女の子に語りかける口調で絵本ははじまります。
その熊さん、『この よのなかで いちばん 悪いこと』を知っている熊さん。
悪いことと言っても、シモネタまがいのアンナコトコンナコトではありません。(誰もそんなこと想像してないか)
熊さんが知っているのは、もっともっと怖いこと。
人の心の中に潜む、邪悪な気持ちに答えるための悪いこと。

「悪い本」は絵柄自体もゾッとする不気味な絵で、なんというか、上品に描いた楳図かずおのような。森の中で女の子に蟻がたかるシーンの顔は、まるで漂流教室。もしくはおろち。
でも、その中でも怖いのがね、出てくる熊さんはあくまでも無表情なんですよ。ほら、なにせ縫いぐるみですから。
無表情な熊さんが、段々、段々と女の子に近付いてきます。
何をする訳でもなく。ただ、そこにいるだけ。
女の子が部屋にいても、家を出ても、森に行っても。

そして、待っているのです。

いつか あなたは わたしが ほしくなる
わたしと なかよくなりたくなる

いつか どこかで あなたは だれかを きらいになります
だれかが いなくなればいいと おもいます

あなたは なにかを きらいになります
なにかが なくなればいいと おもいます
かならず かならず

そのとき あなたは もういちど
わたしの ページを めくるでしょう

いつか女の子が、胸の内に黒い黒い影が落ちるまで。
そうしたら、熊さんは、どんな悪いことを教えてくれるのでしょう?

私自身が、これまでの人生で真剣になにかを失くしたいと願った時に、この本があったなら。この本はどんな『悪いこと』を教えてくれていたのかしら?
これから先、私自身に黒い黒い影が落ちた時に、この本を開いたら。この本はどんな『悪いこと』を教えてくれるのかしら?

それを知りたいような、知りたくないような。
でもきっといつか、願うような気持ちでこの本を開きたくなる日が来ることを、私は知っている。
好むと好まざるとに関わらず。長い人生の間には、そういう瞬間が存在する時があることを、大人は知っている。

わたしは まっていてあげる
ずうっと ずうっと

子供に読ませる絵本、じゃ、ねーよなぁ。

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る