宮次男 他「地獄と極楽」極楽編

スポンサーリンク

前回の「地獄と極楽」地獄編に続き、こっちは極楽編。
書籍自体は同じです。
大型絵本であれば、地獄と極楽は別になってます。

2aa90d9898d9a7a3ec097c4b16a23ca6_s

しかし、この極楽編ですが。
「地獄」と「極楽」一緒にしちゃって良かったの?というくらいニュアンスが全然違う本です。
語り部もイマドキの子供調だし、全体的に「子供向けにしてみました~」な匂いがプンプンします。

「地獄」売れたから「極楽」も作っちゃいました、てへっ!
売れるといいな♪

って販売戦略?

文章はイマイチなれど、絵は美しい極楽浄土の世界です。
どちらかというと日本で今信仰されている仏教というより、インド仏教のイメージですね。
阿弥陀如来も「アミターユス・アミターバ」という、極楽という国の王様と紹介されています。

イカした極楽の住人が、薄絹を素肌にまとわせている姿はうーん、セクシー。
アミターユス・アミターバ王は身体に凡字のタトゥーを入れ、ファンキーでパンクな御姿。
みうらじゅんの「見仏記」をもう一度読み返したくなった私でありました。

この記事が気に入ったら シェアをお願いします♪

フォローする

スポンサーリンク
レビュアー: さくら
さくら
レビュアー:さくら
ほんのむしの書評を楽しんで頂けましたら、また読みに来て頂ければ幸いです。皆様のお声がさくらの『やる気スイッチ』です!

いいね!と思ったらぽちっとな♪
以下のブログランキングに参加しています。
皆様のクリックがさくらの励みになります♪
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  
トップへ戻る